『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ガンジー『君が考えること、語ること、すること、その3つが調和しているとき、そのときこそ幸福はきみのものだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『調和』というのは、不仲なく、スムーズに、和気あいあいとしていて、意見が一致しているという意味である。考えたこと、喋っていること、実際にしたこと、この3つが『調和』しているならば、自分の心は充足感で満ちている。しかし、考えたこととは違うことを喋ってしまったり、あるいはしてしまうことが、人間にはよくある。そういうとき、自分の心は(失敗した)という後悔の念で満ちているだろう。そう考えると、

 

(お風呂上がりにヨーグルトを食べたいなぁ)

 

と思い、

 

これ下さい

 

と言ってコンビニでヨーグルトを買い、実際にお風呂上がりにヨーグルトを食べる。 これだけで、人は幸せになれるのである。これが簡単でわかりやすい例だ。

 

ヨーグルト

 

では例えば、ルソーのこの記事に書いたような、

 

『手をあげられなかった時期の自分』は、どうだろうか。その3つが、調和しているだろうか。しているなら、なぜ『あげられなかった』などという言い回しになっているのだろうか。そして、なぜ最後に、『私の人生はあの時から始まった』と締めくくっているのだろうか。

 

『君が考えること、語ること、すること、その3つが調和しているとき、そのときこそ幸福はきみのものだ。』

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

同じ人物の名言一覧