名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

宮崎駿 名言/格言

宮崎駿

 

宮崎駿とは(画像

日本アニメーター。生誕1941年。宮崎駿は1941年1月5日生まれの、日本を代表するアニメーション監督です。宮崎アニメという言葉がジブリの代名詞として用いられるほどその映像表現、ひとつの作品でのストーリー構築や構成、演出に長けていて、幅広い年代に親しまれるアニメーション映画をたくさん世に発表しています。そのキャリアは大学卒業後すぐにスタートしていて、現在の東映アニメーションで高畑勲と共同で太陽の王子ホルスの大冒険を制作するところから始まりました。

 

日本の歴代映画興行収入上位10作の半分は宮崎駿の作品であると言われるほど、興行的に成功した作品を多く残していて、ジブリ、あるいは宮崎アニメというだけで誰もが見ることを臨むというひとつのブランドを築きあげるまでに至っています。アニメ映画が主な作品ではあるものの、一部漫画などの執筆にも関わっていて、風の谷のナウシカなどは漫画として深く世界観を掘り下げた作品とて発表されています。

 

本人が発した言葉としては次のようなものがあります。「部屋の中で最新式のコンピューターに向い、ポコポコやってるところからクリエーターは出てくるのではなく、もっと古いものの集積の中から出てくるのだと思うんです」という言葉で、これが示すのはあくまでもCGなどの映像技術は作品を彩る手法のひとつでしかなく、大切な根本的部分は他にあるというスタンスを貫いていることは、技術志向に陥りがちな若手のクリエーターへの戒めとして業界内でも深い影響を与えています。

 

また、宮崎駿はソクラテスに造詣が深い哲学者である一面を持っていて、名作『紅の豚』は、当時の東大総長が言った、『肥えたブタではなく、痩せたソクラテスになれ。』という言葉に感銘を受けた宮崎が、自分を自虐的に『無知なブタ』であると表現し、ソクラテスの様な知者に一歩でも近づくべく思いが影響しているのだそうです。(自分をブタと表現するところが重要です。)

 

有名な作品に、『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』、『紅の豚』、『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』、『崖の上のポニョ』、『風立ちぬ』等が挙げられます。

 

宮崎駿関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

宮崎駿の言葉


 

 

『地球のことを考えたら本当は人間なんていない方がいいんだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

まず断っておきたいのは、彼がこの言葉を言ったという証拠が見つからない。私の記憶にあるだけだ。だからこれについての確証は出せないが、しかし私は幼少の頃からジブリアニメを観て育ち、今でも何度も何度も録画したものをつけて仕事するときがあるぐらいだ。

>>続きを見る

 

『伝道の書に書かれてる突き抜けたニヒリズムっていうのは読んでてちょっと元気が出ました。』

 

カテゴリー:知性/知恵

黄泉の国に行ったら何もないよって、権謀も術策もないけど知恵も知識もない。だからおまえの空なる人生の間は自分のパンを喜びをもって食い楽しみながら酒を飲んで額に汗して尽くせるだけのことを尽くして生きるのは神様も良しとしているんだっていう。

>>続きを見る

 

『僕は本当のことを言いまして、あんまりメッセージ性っていうので映画をつくってはいなくて、もっと俗っぽいところで「わはは」と言いながら、本当はつくりたいなと思ってる人間ですから。』

 

カテゴリー:知性/知恵

もちろん真面目なものは真面目につくんなきゃいけないと思ってますし、子供のために作りたいとは思ってるんですけど。』

>>続きを見る

 

『だけど、なんかやるためには一回自由になりたいですね。』

 

カテゴリー:自己/精神

僕は何かつくりたくなるとか、自己顕示欲とか、見栄とか、そういう業をいっぱい持っていますから、自分がこのままとりすまして、いいご隠居になるとは全然思っていないんです。

>>続きを見る

 

『実写は楽ですからね。ビールが美味しいでしょ、一日労働するから。そうするとそれで充実しちゃうんですよ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

宮崎駿が言うのは、『限界効用の逓減』という概念、まさにそのままだ。それは例えば、仕事終わりのビールは美味いが、二杯目、三杯目と味が落ちていく現象のことである。

>>続きを見る

 

『だいたい、僕が言ってるようなことはもっと立派なお坊さんたちが遥か昔から言ってるんです。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『僕は思想家になるよりも、目の前にいる子供たちに映画をつくってるということが一番大事だと思えたから、思想家になんかなりたくないですから。

>>続きを見る

 

『本当にこのままのやり方でつくり続けるなら、ちゃんと待遇をしなきゃいけないなっていう。だけど、ちゃんとし待遇をすると絶対生産性が悪くなる。』

 

カテゴリー:仕事/経営

原画を描いていても給料が10万円にいかない子とかね、そういうのが出始めちゃった。本当にこのままのやり方でつくり続けるなら、ちゃんと待遇をしなきゃいけないなっていう。

>>続きを見る

 

『本当に愚かで、描くにも値しない人間を、僕らは苦労して描く必要はないですよ!』

 

カテゴリー:知性/知恵

みんなヒーヒー言って、安い賃金で、肩を凝らしながら夜中まで灯りをつけてゴソゴソやってね、それで描きたくもないものをなんで描かなきゃいけないんですか。

>>続きを見る

 

『自分が善良な人間だから、善良な映画をつくるんじゃないですよ。自分がくだらない人間だと思ってるから、善良な映画をつくりたいと思うんです。』

 

カテゴリー:知性/知恵

宮崎駿が最も思い入れのある自身の長編アニメに、『紅の豚』が挙がったことがある。実は、あの作品の主人公『豚のマルコ』は、宮崎駿本人の投影キャラクターだと言う。

>>続きを見る

 

『世の中に良いことってのは、めんどくさいんだよ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

自分の作業を、面倒だと言いながらやる宮崎。だがその後に、『世の中に良いものを作ろうと思えば、めんどくさいことをやらなきゃならないんだ。』

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP