『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ガンジー『前進するなら、歴史を繰り返すのではなく新しい歴史をつくろう。私たちの祖先が残した遺産に、新たな良きものを加えよう。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

マルクスは言った。

 

つまり、ガンジーの願いは『一部』叶わない。『歴史は繰り返す』ことが、決まっているからだ。だが、『もう一部』は叶う。それはマルクスの意見も一致している。

 

『同じ失敗なら、意識すればやめられるはずだ』

 

ということ。つまり、『繰り返される歴史』という大きな波は変えられないかもしれないが、『同じ失敗を繰り返す』という小さな波なら、人間の意識によって変えられるのである。ただし、注目しなければならないのは、次の一文だ。経済学の巨人と言われたガルブレイスは、1636年のチューリップ狂の経験以来、 何も変わらないある法則を見極め、こう言っていた。著書『バブルの物語』にはこうある。

『個人も機関も、富の増大から得られるすばらしい満足感のとりこになる。これには自分の洞察力がすぐれているからだという幻想がつきものなのであるが、この幻想は、自分および他の人の知性は金の所有と密接に歩調をそろえて進んでいるという一般的な受け止め方によって守られている。』

 

 

バブルが膨らみ、それが弾ける。こんなことが、ガルブレイスから言わせても、もう400年続けられているのだ。これはマルクスに言わせれば『茶番』であり、ガンジーから見れば『新しい歴史ではない』のである。ということは、やはり言ったように『歴史は繰り返す』のであるが、しかし、細分化すれば話は別だ。

 

『同じ人、国、企業』が、同じ轍を踏むのであれば、それは茶番だが、一応、そうではなく、いや確かに『人間規模』で言えば繰り返されているが、『部分の頻発』なので、だとしたらまだ救いはある。我々人間が、『人間規模の視野』を手に入れさえすれば、歴史が繰り返されることすら、制御できるのだ。それがいつ実現できるかどうかということではない。『そうできる』のだ。そういう事実があり、可能性がある以上、その真理から目を逸らすべきではないのである。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。』

同じ人物の名言一覧