『ヒト』を最適化しよう。

孔子『”楽しむ”ことが人間が受けられる最高の賜物だ。”楽”をすることとは違う。』(超訳)

儒教の始祖 孔子画像

内省

『知行合一』という言葉がある。『知っている』だけでは、知識があるとは言えない。その知識に則って、『行動する』ことで初めて、『知識がある』と言えるのである。知識と行動が伴って初めて、『知識』となるということだ。

 

そして孔子は、

『物事を知識として『知っている』段階は、『好きだ』という段階には及ばない。『好きだ』という段階は、『楽しんでいる』という段階には及ばない。』

 

と言っている。例えば、私は今毎日こうして内省の時間を作り、『本(知識)』を通して四聖や賢人を通して人生を考えているが、これを続けるのは、『好き』じゃなければできない。だが、『意見(主張)』というものは、必ずしも世間には通らない。だから途中で、『障害物』が立ちふさがることがある。それに、『時間』の問題もある。それ以外に『好き』なこともたくさんあるからだ。『義務』の時間もある。

 

では、それらの問題を抱える中で、どうやったらその合間を縫って『時間を作り』、内省を遂行するか。そこには、『好き』以上の感情が必要になってくる。『優先順位』として、なにかこう、『使命感』に似た燃える感情を燃やすことが求められる。

 

これをやらなければ、人生に悔いを残す

これを避けて通れば、自分の人生はおろか、子孫、部下らの人生に堂々とバトンタッチが出来ない

 

等、その『使命感』を燃やすことが出来れば、人は『好き』の次の段階へと進むことが出来る。

 

『楽しむ』ということは、『楽をする』とは違い、しんどい思いをしなければならないことがある。例えば『登山』だ。あれはしんどい。山をなめてかかれば、命を落とすこともある。実際私も埼玉の秘境でなめてかかって、落石、巨大スズメバチとの遭遇、軽い遭難等、散々な目に遭った。

 

だが、山は教えてくれたのだ。『一度決めたら絶対にそれを遂行する』という、『頑固』にも『頑迷』にもなる私の頑なで傲慢な考え方を打ち砕き、『柔軟性』と、『人間の無力さ』を教えてくれた。こういうことは、『大自然』に挑戦しなければあり得ない。大自然に『訓練』として挑戦するプロの人間が、命を落とすニュースをよく見るだろう。彼らもまた、ある種の傲慢さを抱えて、それに挑んだのだ。

 

人の命が失われば決して『楽しい』とは言えないかもしれないが、これは言うなれば宇宙の法則に直面したということ。人間が、人間本位であることを思い知るような、こういう過酷でシビアな現実と向き合うことこそが、実は、人生を『楽しむ』ということに繋がっているのである。こういう経験は、決して『楽をする』人には出来ない。『楽しむ』と『楽をする』のとでは、雲泥の差があるのだ。

 

こう言うと、

 

楽をしているっていうか、俺は最初から別に人間本位でもないし、登山をするようなわざわざ自分の身を危険にさらすようなことはしないだけで、そいつらが馬鹿なだけだろ。馬鹿なことに挑戦しないと『楽をしている』と言われたらかなわないよ。

 

という意見を抱く人もいるだろうが、そう抱いた時点で実はすでに彼は『楽をしている』のである。

 

『人間本位』という言葉の意味を理解してない。もし我々が『人間本位じゃない』のであれば、宇宙のことを研究してその答えをどこまでも探究したり、科学と宗教について考えを張り巡らせたり、あるいは環境汚染と生物多様性について考え、環境活動をする。

 

寄付や慈善でもいい。何でもいいが、とにかく『本位』とは『自分だけが生きていければいい』という意味だから、それに支配されてしまっていることに気が付けるのは、『大自然』のような圧倒的な力と向き合うことが必要だ、ということなのだ。

 

わざわざ身の危険をさらすのは馬鹿だ

 

と思った時点で、すでに『本位』を、自分や人間に当てはめる、傲慢な考え方に陥ってしまっているということなのである。

 

私は以前、楽ばかりしていた。だから当然、何一つ長続きすることなどなかった。毎日を刹那的に生き、突きつけられている大きくて複雑な試練への葛藤から逃げる日々。その時代は、自分がなぜ生まれて、何をして生きていけばいいのか、よくわからなかった。皆自分のことしか考えてないし、信頼できる人間がいなければ、当然神など信じることはできない。

 

全部嘘だろ。建前だろ。無意味で、虚ろで、魅力を感じない。人生を知り尽くしたような気持ちになっていたのだ。だが、『実際には何一つ理解していなかった』。つまり当時の私は、楽しむでもない、好きでもない、知識としてもない、その下の段階だったのである。知りもしなかったのだ。知識すらなかった。

 

それなのに、人生を知り尽くしたつもりでいた。

 

そういう経験を私はしているから、孔子を通してここまで力強い断言ができる。”楽しむ”ことが人間が受けられる最高の賜物なのだ。

 

まず最初に、自分が無知で無力であるということを知ること。傲慢さを捨て、謙虚さを覚えること。そして次に、学ぶこと。無知ならば出来る。知識を得るのだ。そのうちに学ぶことが好きになってくる。ゲーム世代にわかりやすく言えば、『レベル上げ』だ。レベルが上がるのは楽しいだろう。私などもレベルアップのファンファーレを聞くと、よくテンションが上がったものである。

 

これで次のステージに行ける!

これであの敵に挑める!

 

などとして、自分の未来への道が、可能性が切り開かれる瞬間だからだ。そしてそうこうしている間に、もう実はこれら一連を『楽しんでいる』のだ。最中は『面倒だ』とか、『大変だ』と思うかもしれないが、後で振り返れば、『それこそが人生だった』と思い知るだろう。登山も同じだ。最中は本当に大変。だが登り終えてみると、『一番のハイライトはその大変な登山中だった』ことに気が付く。

 

吉川栄治は言った。

 

そう。我々はもうすでにこの人生を『楽しんでいる』のだ。楽しんでいる人とそうでない人の差は実は、それを理解しているか、いないかの差だけなのである。先進国の人も、途上国の人も、 人生を楽しんでいる人というのは、それを理解しているかしないかという差だけだ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

雍也第六-二十
子曰く、これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

孔子に関する他の記事

孔子(Confucius)とはどんな人物か 孔子(論語)の名言・格言一覧