Contents

糸川英夫『頭の中に古い考えが頑張っていると、新しい情報が入ってくるのを拒否するから、せっかくの新しいメッセージも届かない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

固定知能観・拡張知能観という脳の概念がある。前者が『知能は固定されている』という考え方で、後者が『知能は拡張できる』という考え方だ。糸川英夫の言う『拒否する古い脳』とは、固定知能観である。

 

小説家、梅崎春生は言った。

 

新しい情報を取り入れられない人間は、往々にして『執着』している。そして『嫉妬』しているのだ。執着は仏教における罪。嫉妬はキリスト教の7つの大罪の一つ。これを考えただけでも、古い考えに固執して新しいものを受け入れないことは、罪にさえ等しいのである。

 

作家、遠藤周作は言う。

 

遠藤周作の言う通り傲慢不遜で全知全能を装った、見栄と虚勢に支配された人間は、『ミエの在り方』を理解していない『無知の知』を理解していないのだ。

 

ソクラテスは言う。

 

罪ではなく、知性を求め、悔いの無い人生を生きよう。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

鈴木修『自動車メーカーのない国に行けば一位になれる。』 黒澤明『世界中の優れた小説や戯曲を読むべきだ。それらがなぜ『名作』と呼ばれるのか、考えてみる必要がある。』 フィリッポ・ブルネレスキ『知者を装おうとするから、いつまでも無知から抜け出せない。』

 

関連する『黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』

同じ人物の名言一覧