目次はこちら

ナイチンゲール『人生でもっとも輝かしい時は、いわゆる栄光の時でなく、落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来への完遂の展望がわき上がるのを感じたときだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

まず見るべきなのは、以下の偉人たちの言葉だ。

 

小説家、吉川栄治はこう言っている。

 

バーナード・ショーはこう言い、

 

ドストエフスキーはこう言った。

 

これらのテーマの根幹にあるものに目を向けた時、次の言葉を見てみる。

 

『刑務所の鉄格子の間から、二人の男が外を見た。一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。』

 

すると、こういう発想が一つ頭をよぎることになることは事実だ。

 

(単なる人生の美化、正当化だろうがよ。)

 

しかし、逆に言うと、この世自体が最初から『虚無』で、そこに『いや、虚無ではない。夢やドラマや愛があるのだ。』と言ったのが人間で、他の動物を含めた一切の森羅万象はそういうことを考えていないとするなら、

 

古代ギリシャ三大悲劇詩人、ソフォクレスの言う様に、

 

というわけで、『人生自体が、美化、正当化なのだ。』という発想が、また頭をよぎる。

 

我々人間には、北野武の言う様に、

 

わけであり、落胆や絶望の中でしか見いだせない『エネルギー源』というものがある。つまりそれがもしかしたら、『人間』そのものなのかもしれないのだ。

 

虚無というこの世に堕ちた人間が、意志を持ち、夢を見るというエネルギー源を捻出した。

 

上に挙げた言葉に、ナイチンゲールの言葉が加わって、益々私は、『虚無と人生とエネルギー』について、興味深くなった。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧

ナイチンゲールの名言・格言一覧