『後悔したくない方』はこちら

一休宗純『この世にて慈悲も悪事もせぬ人は、さぞや閻魔も困りたまはん』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

孔子は、

孔子

『腹いっぱい食って、一日中のらりくらりして一向に心を働かさないというのは何とも困ったものだ。それなら博打や双六といった勝負事をしたほうがまだマシだ』

 

と言って、『何もしない』という選択肢について、戒めた。慈悲も悪事もしないということは、ほぼ呼吸しているだけで、生息しているだけ。『悪事』と聞くと犯罪を思い浮かべがちだが、孔子が言った、博打や双六程度も、悪事となるわけだ。だとしたら、呼吸しているだけというのは、いささか『命の無駄遣い』だ。

 

ルソーに言わせればそれは、

 

ということなのである。たった一度の人生なのだ。その命を早く遂げてしまった者達の為にも、命を使い切らねばなれない。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧