『後悔したくない方』はこちら

トーマス・フラー『足のつまずきは、やがて癒えるかもしれないが、舌のつまずきは、時を経て償えるといものではない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

この意味を、前者が『凡ミス』であり『無意識に起こってしまったミス』で、後者が『恣意的な曲解、強要、侮辱』ということであれば、私がすぐに思いつくのは、私と母親の人間関係である。私は、母親にクリスチャンであることを強要されて育った。

 

 

実際には父親にもだが、なぜか母親が原因である印象が強い。それは、先に父親が亡くなってしまって、今も尚母親がクリスチャンでいる事実が影響しているのか、母親の方に、あからさまな問題が見受けられていたのか、何なのかは別に紐解いていない。

 

しかし私はその問題によって、被害者ヅラ全開で意見を主張しようものなら、『人生を狂わされた』ということになるだろう。だが私はそうは言わない。そうすると、本当に彼らに私の人生を支配されてしまうからだ。

 

このサイトの至る所に書いているからここでは割愛するが、私は29歳の時、初めて母親に、

 

あなたはあなたでいいと思う。私も、昔姉が死んだとき、よく理解もせずに集会に通う様になり、それを子供のあなたたちに押し付けたのは、悪かったと思う。

 

と言われ、ようやく私の前でこれ見よがしに、暗に『クリスチャンになって欲しい』ということを丸出しにしながら、祈りを始めることがなくなった。しかしそれも、実際は私が最終的には母親を殺す覚悟を見せたことで、初めて変わった人間関係の流れなのである。今、私はこの家庭にいて、最も心の平穏を覚えていることになる。しかし、真の平穏は、私が彼女らと共に食事をしても、心が微塵も動揺しなくなってからだ。そしてその時は、一生来ないだろう。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧