『後悔したくない方』はこちら

一休宗純『この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せばその一歩が道となる、迷わずゆけよ、ゆけばわかる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

唯一無二のこの人生。自分の歩くべき道は、自分だけが知る。

 

孔子の言葉の超訳とした書いたのは、こんな言葉だ。

 

『道』など、最初から無い。自分が歩いた場所に、道が出来ているのだ。

 

中国の思想家、魯迅は言う。

 

だとしたら我々が生き、歩くべきなのは、自分の心が(これだ)と叫んだ道である。

 

エマーソンは言った。

 

先のことなど最初から誰にもわからない。だが、だからといってそれは、確かな一歩を踏み出さない理由にはならない。

 

 

追記:

この記事に関してこういうメールをもらいました。

『残念ながらこれは一休宗純の詩ではありません。そもそも室町時代のひとが現代詩を書くなどあり得ません。一人の男がそのように発言したものを何の検証もしないまま社会が信じ込んだわけです。』

 

その他の言葉も事実とは異なるケースがあるかもしれません。それに関しては下記の記事に書いてはいますが、多くの人が閲覧できる状態にある以上、判明したことは、その都度修正を加えていきます。当サイトへの品質向上のための助言、ありがとうございました。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

同じ人物の名言一覧