『ヒト』を最適化しよう。

イチロー『余力があったとしたら、問題です。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

イチローは、

 

と言っていて、だとしたら『余力を残している』ように思えるが、これは『部分』であり、『最終的』には、余力を残さない。10回エネルギーを使うシーンがあって、エネルギーの限界は、100。この場合、『10ずつ』出せば、10×10=100で、『余力を残さない』。だが、『100%で行くとリスクが大きくなる』と言ったのは、この10回の中で、許容範囲を超えた、計画性のないエネルギー放出をすることで、その後に『ガス欠』になり、パフォーマンスの低下や、故障のリスクを飛躍させる結果になってしまうことを言っているのだ。

 

 

こういうことを考えても、

 

  • 『部分=計画的に』
  • 『全体=使い切る形で』

 

というイメージが想像にた易くなるわけで、しかし、それを綿密に計算して管理し、その通りに動くということは、簡単ではない。しかし、それが出来るから、『好成績の継続』という結果を捻出することが出来るのだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

イチロー(鈴木一朗)の名言・格言一覧