『ヒト』を最適化しよう。

イチロー『100%で行くと、そういうことになる。リスクが大きいので、しないことが多いけれど。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

例えば『オリンピックシンドローム』や、『燃え尽き症候群』、あるいは、『スポーツ、格闘家の短命的選手生命』を考えた時、やはり、大きな怪我をしてしまうことは甚大なことである。ただでさえ短いのに、不慮の怪我でその命を更に短くされることは、絶望に陥る、一つの要因である。もちろん、そうじゃなくてもいずれ人は死ぬのだが、やはり『不慮』は嫌なものである。

 

とりわけ、このイチローという男はそれを決して許さない。許すような人間であれば、彼はこうもトップ中のトップで活躍を続けることが出来ないのだ。人間には許容範囲というものがある。『火事場の馬鹿力』とは、その許容範囲を一時的に超える現象だ。何しろ、『火事場』では必要なくなるのだ。『範囲を守る』ことが。肉が断裂しても、骨が折れても、関係ない。それよりも重要なのは、『命』だからである。

 

しかし、普段なら別だ。この許容範囲を超えると、身体を壊してしまう。従って、入念なトレーニングとストレッチによって、その許容範囲を広げる努力をするのだ。それを怠ればたちまち範囲は狭くなる。その『許容範囲』を人一倍意識して管理しているのが、このイチローという男だ。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

イチロー(鈴木一朗)の名言・格言一覧