『ヒト』を最適化しよう。

イチロー『負けているチームには足を引っ張ろうとする人がいる。そこに負けない、という気持ちは持っています。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

私はよく、知っている。このことについて、よく、知っている。前へ進もうとしたとき、実際に足を引っ張られたからだ。『出る杭は打たれる』というのは、本当のことだった。だが実は、私はまだ20代前半で今よりも遥かに未熟だったが、その時すでに、その彼らの行動が、『間違っている』ことを熟知していた。

 

長年連れ添った人間だったから心のダメージは大きかった。何しろ、『彼らの価値が下がった』し、『彼らともう一緒にやっていけない』ことがわかったからだ。『長年』と言ったはずだ。それはとても、心に穴が空く事実なのである。

 

イプセンは言った。

 

また、『心のブレーキの外し方』にはこうある。

あなたがプラスに成長することを、無意識的にでも邪魔してくるような人たちは、そもそも”友達”と呼ぶに値しないのです。

 

そう。彼らは、私の『友達』ではなかった。それが発覚したのだ。それは大変、大きなショックなのである。彼らはイチローの言う通り、『負け組』グループだった。これを言えば、更に彼らは追い込まれ、敵視してくるだろう。だが別に関係ない。私は事実を言っているだけだ。事実を捻じ曲げるような人間なら、尚の事『友達』には相応しくない。私はもう、一生付き合うことはないだろう。

 

彼らと『うまくやっていく』為には、私が彼らに『一生合わせ続け』、『自分を殺す』ことを続ける必要があった。そして気にいられるためには、『楽しませる』必要があった。まるで『ピエロ』の様に。永久に『本性』を明かすことなく客を楽しませる、ピエロの様に。

 

私は、ピエロではない。彼らの気持ちはよくわかる。わかるが、恩師はこういう言葉を言っていた。

『わかっちゃいるけど、わかっちゃいけない』

 

どこの世界でも『出る杭』は打たれるのが相場だ。今の私ならこの状態を『そもそも、これが人間なのだ』と、ある種悟りの境地に立つことが出来ている。しかし、だからといって私が『友人』へのハードルを下げ、慣れ合いに甘んじ、そして自分自身もそういう人間に成り下がる理由にはならない。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『本当の友人とは。』

同じ人物の名言一覧

イチロー(鈴木一朗)の名言・格言一覧