名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

王貞治『ヒットを打てなくても口惜しくなくなったし、ホームランを打ってもそんなに嬉しくなくなった時、限界がきたと思った。』

王貞治


日本プロ野球選手 王貞治画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


これは非常に興味深い言葉だ。注目したいのは、この言葉が捻出された、王貞治の心理背景である。なぜ、それまで『世界の王』と呼ばれるほど野球に没頭していた人間が、急にそういう風に、野球愛が覚めてしまったような、そんな感覚に陥ってしまったのか。

 

王貞治は、元々バッティングは全く上手くなかった。むしろ下手だった。しかし、死に物狂いで努力を積み重ねてきたのだ。

 

王をコーチした荒川氏は言う。

『みんな王の半分も努力できないでしょ。それくらい王は努力したと思います。』

 

そして、その当時の監督でもあった、バッティングの神様といわれた川上哲司監督も、
『俺は王ほど努力できないな。』

 

と言ったというのだ。当然コーチのいう『皆』とは、他のプロ野球選手も含まれているのだ。

 

 

その様にして、野球に文字通り人生を捧げて来たような人間が、ヒットを打てなくても口惜しくなくなり、ホームランを打ってもそんなに嬉しくなくなってしまった。自分の心の中にあったはずの『野球への燃えるような熱意』が、冷めてしまった。

 

そして最後の言葉が重要である。

『その時、限界がきたと思った。』

 

いや、その言葉に失望するのは間違った捉え方だ。人間は必ず、絶対に死ぬのだ。従って、限界は必ず、絶対に間違いなく来る。問題は、それを受け入れる度胸があるか、ないか。

 

王貞治ほどの人間だ。自分の身体のことは、自分が一番よくわかっていたはずだ。自分の心の中に確かにあった火種。

 

 

今まで、それをエネルギー源にして、燃え続けて来た。しかし、その火がどうも消えてしまった、あるいは火力が確実に弱まってしまった。それを、気づかないふりをして隠蔽してもいい。しかし、その行為は愚かだ。人は必ず死ぬのだ。

 

我々後輩は、こうした偉人先人の心の移り変わりとその言葉を見て、自分の人生にどのような影響を与えられるかを、考えなければならない。

 

私がこの言葉から考えるのは、

『それでも、それまで、その火種を燃やし続けて、徹底的に生き貫いてきた。』

 

という、決定的な事実だ。そして同時に考えるのは、

『どんな人間にも、いずれ必ず、終わりが来る。命を、使い切れ。』

 

ということなのである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

王貞治『ヒットを打てなくても口惜しくなくなったし、ホームランを打ってもそんなに嬉しくなくなった時、限界がきたと思った。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『敵と戦う時間は短い。自分との戦いこそが明暗を分ける。』

 

『練習で120%の力で振れ。そうすれば試合は80%の力でいい。』

 

『過去にとらわれず、現在をいかによくするか。』

 

『僕は人生は円だと思ってきました。』

 

『恐怖心を持っていない人は本物じゃない。その怖さを打ち消したいがために、練習するわけです。』

 

『努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。』

 

『今までの僕の記録はみんな、耐えることで作られてきたんです。』

 

『いい時もあるし、悪い時もあります。自分もまた、それで初心に戻れたりしましたね。』

 

『自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ。』

 

『我々は勝つしかない。勝てばファンも拍手で迎えてくれる。』

 

『最高のものを求める強い気持ちがないと、結果は出ないものなんだよ。』

 



↑ PAGE TOP