『後悔したくない方』はこちら

モーセ『殺してはならない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

※『モーセの十戒』である。

 

これは十戒の5つ目として書いているが、これを含めた残りの6つは、単純に書かれているが、実は極めて複雑な仕組みを表していて、しかし、その構造は極めて単純なものなのである。これも、

 

  1. 『姦淫してはならない。』
  2. 『盗んではならない。』

 

と同じだ。

 

 

『真理(神・愛)から逸れれば逸れるほど、虚無に近づく』ようになっているのだ。キリスト教における7つの大罪は、

 

  1. 傲慢
  2. 強欲
  3. 嫉妬
  4. 憤怒
  5. 色欲
  6. 怠惰
  7. 暴食

 

が挙げられるわけだが、この『殺してはいけない』ということは、この中の『傲慢、強欲、憤怒、怠惰』に該当することになる。

 

宗教家、御木徳近はこう言った。

 

つまり、『人間として生きることを怠惰』し、放棄した結果が、『殺害』行為だ。怠惰に走り、人間として生きることを放棄することは、人間としての尊厳も幸福も奪われることを意味する。刑務所に入り、処刑されるということだけを意味するのではない。『真理(神・愛)から逸れれば逸れるほど、虚無に近づく』ようになっているのだ。

 

試しに、1週間飲まず食わずで生活し、その後、当たり前のように食べていた、米やパンを食べ、水やお茶を好きなだけ飲むといい。どうしてその時『感謝』の気持ちを覚え、そして一週間前『当たり前』だと思っていたのか。そこにカギがある。

 

 

ドストエフスキーは言った。

 

聖書における『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

 

つまり人間には『聖性と魔性』の両面がある。

 

 

その内、父が子を叱った場所には『愛(聖性)』が宿り、『魔が刺した』人間には『罪(魔性)』が宿っていることになる。だとしたら、見えて来るのは『聖性を優位にし、魔性を劣位にする』ということで、そこにあるのは、魔性と聖性の真剣勝負である。更に言えば、昨今一部の狂信者が世界を騒がせているが、イスラム教における『ジ・ハード(聖戦)』とは、何も人を惨殺することを許可する、という凶悪な概念ではない。

 

『神の為に奮闘する』ことを意味し、つまり、その『神』というものは、しばしば『愛、真理』と『=』であると考えられるわけで、例えば、『人に裏切られ、殺意を覚えた』というとき、そこに現れるのは間違いなく『魔性の疼き』であるわけだが、しかし、それを聖性の力で劣位にさせよう、という『闘い』こそが、この『ジ・ハード(聖戦)』なのである。

 

ダンテは言った。

 

我々は、殺してはならないのだ。魔性に負けた人間が殺すのだ。真のプライドがある人間なら、自分に負けることは決してない。

 

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』 『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧

モーセ(十戒)名言・格言一覧