『ヒト』を最適化しよう。

宮崎駿『世の中に良いことってのは、めんどくさいんだよ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

自分の作業を、面倒だと言いながらやる宮崎。だがその後に、

『世の中に良いものを作ろうと思えば、めんどくさいことをやらなきゃならないんだ。』

 

と言った宮崎の細部へのこだわりは、周知のとおり。時間にしてわずか4秒のシーンに、1年以上の時間をかけるのだ。これは宮崎駿の言う通り、『めんどくさい』。だが、命は細部にこそ宿るのだ。

 

確かにその考え方は、極めて蓋然性が高い。その逆で、楽をしている人間が、世の為に動いているかといったら、そうではない。たとえ楽をして、大金を動かし、それで大きな額の税金を納めても、その『金の質』に目を向けるとなると、首をかしげることになる。例えば、武器、麻薬を売買したお金で、あるいは、詐欺的に巻き上げたお金を納税し、それで一国のインフラが整うことについて、どう思うだろうか。

 

三島由紀夫は言った。

 

何も知らない何らかの保守派や保護団体が、ある和やかな春の陽射しの下で、バルコニーのあるレストランでのんびりとした食事をする。

 

こうやってゆっくり生きていけるだけで、感謝。本来人は、これだけで十分なのよ。

 

と言うわけだ。しかし、そのレストランも、その場所も、そこに通じていた道も、全て、悪の金を徴収してそれで作った実態だ。だとしたら矛盾している。まるでそのバルコニーの人は、人生を達観したような気分に酔いしれているが、実際は、自分が今そこにいる場所が、どんな場所であるかを理解していない。

 

悪の金を認めて徴収するということは、悪の存在を認めるということになる。だとしたら、バルコニーの人が取るべき態度は、聖人君子になったように振る舞うことではない。悪の存在について真剣に議論するか、目の前に出された動物の肉がどういうことなのかを、葛藤するべきである。『楽』をするから、聖人になれたのだ。世の中に良いことを考えるのは、とても複雑で、面倒くさいのだ。

 

太宰治は言った。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が『幸せだ』と言ったのなら、そこにあるのは隠蔽だ。』 『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧