『ヒト』を最適化しよう。

宮崎駿『次があるとかないとかっていう話はもういいですよ。それに関しては、天命だと思ってますから。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

宮崎駿がとあるドキュメント番組で、口癖のようにこう言っていたのを覚えている。

『(作品が)降りてこないと、どうしようもないから。無理して作っても何の意味もない。』

 

これが今回の言葉とリンクしているのだ。天才作家、スティーブン・キングは言う。

 

岡本太郎も、

 

と言ったが、自分の深層部から、まるで衝動のように突き動かされて初めて、作品に自分の命を削って宿したいと思えるし、そうじゃないものは、逆にやる気が起きない。中途半端なものを作っても人々の心を動かすことは出来ない。動かすことが出来なければ、興行として成り立たず、それを制作したスタッフや、広告に携わったあらゆるスポンサーに報酬を渡すことが出来ない。

 

作品を作るのは簡単だ。小学生が図画工作で作っている。あれは立派な作品である。だが、それを興行として成り立たせるとなると、これは容易ではない。ハードルが急激に跳ね上がるのだ。

 

天才芸術家、アンディ・ウォーホルは言った。

 

しかし、それ以上となると、それが難しいのである。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧