『ヒト』を最適化しよう。

伊集院静『いつも何かを模索し、何かを求め、手を差し伸べておかないと運は降りてこない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

経営学の父、ドラッカーは言う。

 

天才の仕組み』に書いたが、『ポストイット誕生の秘話』、あるいは『ペニシリン発見の秘話』を見れば、伊集院静の言葉の意味が、見えて来るだろう。作家、村上龍はこう言っている。

『自分が欲しい物が何かがわからない人間は、何も手に入れることは出来ない。』

 

まずは『対となって向かい合う』ことだ。そしてそこから時間にして『1万時間』。年月にして『10年』という時間をかけて死ぬ気で向き合い、考え抜く。それが出来ない?だとしたらそれは、『自分が欲しい物』ではないのだ。

 

スティーブン・キングは言った。

 

人は、自分に『文章を書く才能』があるとわかったら、がむしゃらに文章を書くものである。絵を描くことも、サッカーをすることもそうだ。自分がそれに向いていると思ったら、ひたすらにそれに傾倒できるものである。

 

サッカー

 

しかし、もしそうやって傾倒できるものがないなら、それは自分にその才能がないからであり、そして自分にどんな才能があるか、『掘ってない』からだ。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

 

松下幸之助は言った。

 

人間に与えられた使命とは、その文字通り。『命を使い切る』ことだ。そして命を使い切るために自分を理解することは避けて通れない。もし、自分の人生を理解できていない人がいるなら、見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

 

自分と向き合う時間を設けること。たったそれだけのことができるかできないかで、人の運命は大きく変わることになる。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。』 『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

伊集院静の名言・格言一覧