『ヒト』を最適化しよう。

伊集院静『頭で考えたら駄目だ。頭で考えるものは、たかが知れている。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

アインシュタインは言った。

 

人間の頭で考えられる思索は、『人間の常識の範囲内』に留まる。『人間の常識の範囲外』の発想こそが、直面しているマンネリ化した現状を打破する、イノベーションのカギとなる。かの『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリストには共通点があり、

キリスト

 

それは、

 

1.親の職業を継がなかったこと
2.伝統的なしきたりや体制を改革しようとしたこと
3.人一倍の努力家であったこと
4.確固とした信念を持ちそれを貫いたこと

 

だった。『現状を打破』する為には、まずその『現状』とか『蔓延している常識』を、疑ってかからなければならない。その為には、現在植えついている自分の脳だけでは、限界がある。一度、固定観念、既成概念に一切毒されていない、ニュートラルな心に、リセットする必要がある。そこ(ゼロ)からまた、やり直すのだ。その目的は、『内省、内観』という方法で達成できる。これは『頭で考える』のではなく、『心に目を向ける』精神修行だ。一切の宗教と、無関係であるが、あのブッダも、この内観によって『ブッダ(悟りを開いた者)』となった。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

同じ人物の名言一覧

伊集院静の名言・格言一覧