『ヒト』を最適化しよう。

本田宗一郎『必死のときに発揮される力というものは人間の可能性を予想外に拡大するものである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『人間に必要なのは困ることだ。絶体絶命に追い込まれたときに出る力が本当の力です。伸びる時には必ず抵抗がある。必死のときに発揮される力というものは人間の可能性を予想外に拡大するものである。』

 

『窮鼠猫を噛む』。これ一つ考えただけでもすごい。あるいは『火事場の馬鹿力』だ。

 

更に見るべきなのは、宮崎駿のこの言葉で書いた、

 

『有機水銀分解菌』というキーワードである。これらのテーマの根幹にあるものと、本田宗一郎のこの言葉、

 

ココ・シャネルの、

 

この言葉、あるいは、電力王、松永安左エ門の、

 

この言葉。まるで、あらゆる生命は、一度窮地に追い込まれることで、潜在能力をいかんなく発揮するという様な極めて興味深い図式が、思い浮かんでくる。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧

本田宗一郎の名言・格言一覧