『ヒト』を最適化しよう。

ボブ・マーリー『始まりは…嘆きさ。そう嘆きから始まったんだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

先進国に搾取される植民地国に生まれ、白人と黒人の混血児という複雑な境遇を背負っていたボブ・マーリーは、その音楽性に深みを持っていた。彼は、彼にしか見えない深遠な、物語(ストーリー)を唄っていたのだ。あるインタビューで、

 

ボブ、歌い始めたきっかけは?

 

と聞かれて、答えたのがこの言葉だ。

『始まりは…嘆きさ。そう嘆きから始まったんだ。』

 

嘆きからレゲエを生み出したボブは、自分のコンサートで対立する政治勢力をステージに上げて和解させるなど、母国の平和のために積極的に活動した。多くのロックファンやレゲエファンといった音楽を愛するミュージシャンたちが、ボブ・マーリーのその行為に対し、今もなお強い敬意を抱いている。

 

和解

 

36歳の若さでこの世を去ったボブ・マーリー。だが、彼の人生を見ると、まるで人の何倍もの濃い人生を生き貫いた印象を持つ。人生を、長く生きることに意味はあるのか。言いたいことを言わずしてこの世を生きるのは、生きながらえることにならないか。このようにして濃く、強い人生を生きた人間の一生を考えたとき、ふとそういう思いが頭をよぎるのである。

 

セミの命は一週間。彼らもまた、この世に生まれて精一杯嘆いて見せる、アーティストなのかもしれない。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧