『ヒト』を最適化しよう。

ボブ・マーリー『混乱でいっぱいの家の中に住むより、屋根の上で生きた方がいいね。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

理性的な人生を送るようになって私も結構時間が経った。しかし、その前はボブ・マーリーのこんな言葉が、スッと胸に沁みるような、そういう人生を送っていたのである。『自由』を求めていたのだ。

 

ボブ・マーリーがこの言葉をどんなつもりで言ったのかはわからないが、当時、中学時代、授業を抜け出して屋上で日向ぼっこをしていてた私にとっては、家庭では複雑な宗教問題、強要される信仰、

 

 

学校ではやる意義も見当たらない退屈な授業、人間関係は窮屈だし、夢も無ければ、何のために生きてるのかもわからないし、先は見えない、金もない、だけど考えることがたくさんあって、とにかくボブ・マーリーの言葉をそんな時代に聞いていたら、きっと心が晴れやかになって、(ま、いっか!)と言って私を安楽にさせてくれただろう。

 

 

社会のルールに従うのも面倒だ。既成概念も、固定観念も、私からみれば皆束縛そのもの。なぜ、それに従わなければならないのかがわからない。だってどうせ死ぬんだ。一度しかない人生なんだ。何をしても、しなくても死ぬ。束縛はもう、その事実一つだけで充分だろう。

 

私はそう思っていたのであった。

 

自由奔放は、一歩間違えれば無責任だが、しかし、鬱になって命を絶つ道を選択するよりは、十分マシだろう。生きていればきっといつかいいことがある。自分の心が、今、人生の絶頂にある可能性も低いわけで、だとしたらもうしばらく『待ってみる』ことも、人生には大切だったりするのだ。

 

もし、人生に疲れたのなら、これは麻薬をやれという意味ではない。しかし酒なら時に飲んだって全然構わないのだ。疲れを癒し、あるいは麻痺させ、命の洗濯をし、人生を生きる英気を養いたい。人生いろいろあるけど、人生の黄昏時に振り返って思う『人生のハイライト』は、平たんな道ではない。そういう『いろいろあった大変な時期』なのだ。

 

そんなことを考えながら、今日も明日も、大変な人生を『楽しむ』ぐらいの気持ちで、前向きに生きていきたい。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。』

同じ人物の名言一覧