『ヒト』を最適化しよう。

ボブ・マーリー『指を指して人を非難する前に、君のその手が汚れていないか確かめてくれ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

排他的な人がいる。排他(はいた)、つまり読んで字の如く、他を排除して、寄せ付けない。理解しようとしない。許容範囲の狭い人間が大勢いる。

 

(自分とあいつとは違う)

 

そう言って、自分の身を頑強な鎧帷子(よろいかたびら)でぐるぐる巻きにし、『異質』と判断した他の要素との結合を避け、自分のアイデンティティ(存在意義)を確保することに躍起になる。そういう風に『勘違い』し、『間違った境界線』を引く人間は多い。つまり、それが正しければ、いいのだ。その境界線は、正当化される。

 

『その境界線』の正確性や真偽についてこれ以上分かりやすい話はない。『みにくいアヒルの子』だ。

 

 

かくのごとく、『勘違い』だ。いや、確かにそこに境界線はあったが、それは、自分が考えていた線とは、違う様相をしていたのである。

 

吉行淳之介は言った。

 

自分ではなく、相手に非があると思った。なぜならそこに『違和感』を感じたからだ。確かにそこにあったのは、自分とは異質の要素だと悟った。だが、なぜ相手が自分より格下で、自分は高潔である、という図式の方を選択したのか。もしかしたら間違っているのは、自分の方なのかもしれない。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧