『ヒト』を最適化しよう。

ホセ・マルティ『私の体が消えることがあっても、私の思想は消えないだろう。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

力に屈することなく反骨にこの世を生き、16歳で禁固刑を受け、生涯の半分以上が流刑、追放、亡命の日々だったホセ・マルティ。1892年、キューバで革命党を創設し、42歳、『自由』のために命を使い切った。この男がいなければ、後のチェ・ゲバラカストロはいなかった可能性が高い。自分は何のために生まれたのか。自分は何を成し遂げるために生きるのか。自分はこの儚い人生を、どれだけ尊いものにできるだろうか。

 

四聖、つまり、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

 

彼らが『罪』の定義を、こう唱えている。

 

  1. 孔子=『利己的
  2. ソクラテス=『無知
  3. ブッダ=『執着
  4. キリスト=『

 

キリストの『罪』というのは、その語源を紐解くと、ヘブライ語で『的を外す』と言う言葉に辿り着き、『欲望を間違えた方向に向ける』とか、『欲望の向ける的を外す』という意味が浮き彫りになる。

 

彼らの言った言葉は、形こそ違えど、よく目を凝らしてみれば一つの真理が見えてくる。『自分本位』に、自分の人生に、命に『執着』するような、『利己的』な生涯を送ることは、『無知』である。強い大義を燃やすには、それなりの環境も重要になるだろう。だが、たとえ偶然でも、彼のように人生を捉えることが出来たら、それは、『知』を見極めたのだ。

 

ゲーテは言った。

 

自分の人生にしがみつきたくない気持ちはわかる。だが、人は必ず死ぬのだ。その決定的な事実を真正面から受け止めたとき、人が取るべき行動とはなにか。自分の命を使い切る覚悟を決めた人間の魂の炎は、未来永劫、他の人間の魂を揺り動かす。

 

火

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』