『ヒト』を最適化しよう。

ヘロドトス『平和なときは父が子によって埋葬され、戦争のときは子が父によって埋葬される。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

もちろん、それ以外にも子が父によって埋葬されることがあるし、その『父』がいないというケースもある。だからこの言葉を丸々鵜呑みにするということではなく、この言葉が何を示しているのか、あるいは、ヘロドトスが息をした紀元前480年という時代、つまり2500年も前の時代に何があったか、どのような光景が広がっていて、どのような常識が蔓延していて、その時ヘロドトスはどう思ったのか、ということを考えたい。

 

 

戦争に限らず、子供が親よりも先に死んでしまうことは、悲しい。私の周りにもたくさんそういう人がいるが、彼らは往々にして、病んでいたり、宗教を持っていたり、負に侵されていて、その『足枷』を引きずって生きている印象を受ける。

 

しかし、本当にそのように『悲しい』とか、『引きずる』とか、その様な考え方で人生を生きることは、好ましいのだろうか。私の部下も幼少の頃に兄を事故で亡くしていて、私自身も物心つく前から、両親にクリスチャンになることを強要されて生きたが、我々には間違いなく、彼、彼女らの『負の要素』に侵され、黒く染められた部分があるのだ。

 

 

一人は、法律を破ってでも自由になりたいと願って道を踏み外し、一人は、(自分は何をしても許されるんだ)という傲慢不遜な甘えた馬鹿に育った。

 

ヘロドトスとちょうど同じころ、紀元前460年頃に生まれた、仏教の開祖、釈迦、

 

つまり、ブッダは言った。

ブッダ

 

つまり、

『人は生まれた瞬間から衰退しているのだから、生きる、老いる、病む、死ぬということは最初から決まっていたこと。当たり前のこと。それがわかっていれば無駄な苦しみはないはずだ。あるのなら、そこにあるのは『執着』であり、執着とは、人間の心に寄生する、間違った心の在り方である。』

 

戦争や、早すぎる死や、理不尽自体が間違っているのか。それとも、それら『多様性』を受け入れられない人間の心が間違っているのか。私もこのテーマについては、常々考えているところである。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が『幸せだ』と言ったのなら、そこにあるのは隠蔽だ。』

同じ人物の名言一覧