『ヒト』を最適化しよう。

ピタゴラス『沈黙することを学びなさい。静まった心に耳をすませ、吸収させなさい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ブッダもこう言う。

 

あるいは、正岡子規がこう言ったが、

 

『それ』こそがこの話のカギを握るポイントである。『大変』であり『苦痛』だという常識が蔓延しているのだ。だから正岡子規も、『だとしたらその気持ちを逸らそう』という教えを説いているのであるわけだが、実は『逸らす』ことは、時によってはその『内に目を向ける』ことの邪魔をする。ピタゴラスの言う様に、まずは静まった心に耳を澄ませることが出来るかどうかが、人間にとって重要なカギを握るのだ。アウトサイド・イン(外から内へ)ではない。インサイド・アウト(内から外へ)なのだ。

 

仏教の教えに『地獄、極楽』という概念があるが、これもまた同じことを言っている。心を静かにし、自分の目をそこに向ける。すると、様々な答えが見つかる。例えば、『執着をすることは間違っている』だとか、『この命は唯一無二』だとか、そういうことだ。

極楽

[内に目を向けて真理を理解すれば心は平安になる]

 

すると、自分の心の中が平安になる。ある種の悟りを開いたかのように腑に落ち、様々な疑念がなくなる。その状態を仏教では『極楽の状態』と表現した。そしてその逆が『地獄の状態』だ。それは、内に目を向けずに、いつまでも未解決問題をそのままにしておくことで、心に混沌が生まれる状態を意味する。

地獄

[内に目を向けずに問題を未解決にしたままだと心は混沌とする]

 

この世の至る所に目を向けても、この『内に目を向ける』ということについての重要性が説かれている。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。』 『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧

ピタゴラスの名言・格言一覧