『ヒト』を最適化しよう。

五島慶太『人間はときどき、努めて頭を空っぽにしなければだめだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

東京急行電鉄(東急電鉄)の創業者で、政治家でもあった五島慶太。その強引な競合会社の買収と吸収合併の手口から、『強盗慶太』の異名があったとされる五島だが、会社を大きくしていくということは、そういうことだ。もちろん、それについての倫理の話は別にして。

 

さて、そういう五島が言う言葉と聞くと更に身は引き締まるが、確かにその通りだ。例えるなら『血管』である。風呂、サウナ好きの人ならピンと来たはずだが、サウナで高温に身をさらし、汗をかく。すると、何だか『痩せた気がする』とか、『健康になった気がする』と言っている人間は、初心者中の初心者である。実は、それだけでは危険だ。その後に、水を飲まなければならない。なぜならサウナによって人は、『血管がドロドロに煮詰まる』のである。それを、水を飲んで流し込んで、初めて『血管の流れが綺麗になる』のであり、それは、老廃物や乳酸を流すことになるわけだから、健康的になる。

 

血管

 

以前、それを理解していなかった誰もが知る有名人『西城秀樹』は、サウナ後、体調を崩し、『脳梗塞』になってしまった。『脳梗塞、心筋梗塞』、よく聞く名のはずだが、この『梗塞』とは、『血液の流れが滞ってしまう』ことを意味している。これでサウナについて、その水面下で行われている自身の血管の状態について、理解が深まったはずだ。

 

では、五島慶太の言葉と『血管が同じ』ということは、どういう意味なのだろうか。それは、『努力、勤勉、勤労』が『サウナ』。『頭をからっぽにする』ことが『水を飲む』ことなのである。それをしなければ梗塞になる。そうすると元も子もない。身体が資本なのだ。人間の仕組みや寿命や限界を知ることは、出せ得る最大限の力を発揮することに繋がるのである。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。』