『ヒト』を最適化しよう。

ヘルダーリン『危険の存在するところ、救いもまた育つ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ゴッホはこう言い、

 

岡本太郎はこう言い、

 

あるいはこうも言った。

『危険だという道は、必ず自分の行きたい道なのだ。』

 

それらの言葉を考えると、安全な方向ではなく、むしろ危険な方向にこそ、救いの光が存在している、というような印象を得ることが出来る。しかし、往々にして人々が思うのは、安定、平安、安堵に安穏。そのようなリスキーな方向ではなく、安心できる人生を家族と共に生きていくことであり、平和の中に救いの光が存在している、という風に考えるわけである。

 

 

だが、『ではなぜ、偉人たちがこぞってそう口を揃えるのだ』というところに着目するべきである。

 

この問題を解決する為に必要なのは、言葉の意味の正確な理解である。『救い』という言葉を理解できている人間は、果たしてこの世に何人いるだろうか。ちなみに、私の両親が信仰しているキリスト教の教えにも、常にその言葉が出てくるわけだが、私は彼女らに長い間望んでもいない宗教を強要され続け、もう二度とその歪曲した心を元に戻すことはできない。もちろん、とっくのとうに『赦し』てはいる。だが、彼らが私にしたことを、私は一生『許す』ことはないだろう。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ヘルダーリンの名言・格言一覧