Contents|目次

フロスト『森の分かれ道では人の通らぬ道を選ぼう。すべてが変わる』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

だが、誰もが通らない森の分かれ道など、往々にして熊や、スズメバチがいたり、崖があって危険で、あるいは行き止まりかもしれない。そんな道を通っていいのだろうか。何か、意味はあるのだろうか。

 

森

 

まず考えるのは、『変わる』と言っていることである。そこがポイントで、この言葉を真剣に聞いている人は『変えたい』のだ。人生を。

 

だとしたらフロストの言う通りだ。『大変』とは『大きく変わる』と書く。大変な道を選択することは、自分の人生を大きく変える、チャンスなのである。そのチャンスを掴める運命の分かれ道に立った時の話だ。迷わずその道へ、行くといいだろう。

 

例えば、何もない行き止まりで道を戻るハメになったとする。するとこう思うことも出来るだろう。

 

なんだよ。結局意味なかった。時間をどぶに捨てたのかよ。

 

しかし、こう思うことも出来るはずだ。

 

うん。なるほど。やはりこの道は行き止まりなのか。これは参考になった。これで悔いは残らない。死ぬときに『あの道の行きつく先が何であったか』について、悩むことはない。

 

こういう人は、人生に敷かれたレールの上を歩くことを嫌う。それよりも『悔いの無い人生』を生きることに、重きを置いているのだ。あるいはその帰り道でとんでもない事実に気が付くかもしれない。

 

例えば人間は、『テレビを観る』だろう。ごく当たり前のように、観る。家族も観ていたし、友人も観ているし、それは当たり前のように、観る。だが、『テレビを観ている自分を俯瞰で見た』ことがある人は、どれぐらいいるだろうか。一度見てみるといい。とても『滑稽』である。一日中、そのテレビという家電を眺め、笑ったり、側にいる人と言い合ったりする。この光景はとても滑稽で、私がそれを見たときは、

 

一体何をやってるんだ俺は。

 

という恥にも似た感情が頭をよぎった。まるで『支配』されている。テレビに、世間に、常識に、慣習に。そして孤独で、虚しく、滑稽で、何かを見落としている気分になる。

 

圧倒的な影響力を持つ投資家ジョージ・ソロスと一緒にクォンタム・ファンドを設立した、ジム・ロジャーズは言っている。

『私はテレビは観ない。皆さんは、なぜテレビを観るのか?』

 

行き止まりの帰り道、もしかしたら多くの人が流れていく方向の反対方向には、あっと驚く奇跡の光景が、広がっているかもしれない。

 

光景

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

トマス・カーライル『沈黙は口論よりも雄弁である。』 スピノザ『ひとつのものが同時に善であったり悪であったり、そのいずれでもなかったりすることがある。』 プーシキンの名言・格言一覧

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

フロストの名言・格言一覧