『ジョージ・ソロスの言葉』を自分のものにしよう!

ジョージ・ソロスとは

アメリカ投資家。生誕1930年。ジョージ・ソロスは、1930年ハンガリーのブダペストでユダヤ人の家庭に生まれたユダヤ系アメリカ人です。彼は投機家・投資家として有名ですが、事業家、哲学者、慈善事業家としても幅広く活動しています。1960年代にジム・ロジャーズとともにファンドを設立、1980年にロジャーズと袂を分かつ頃には、ファンドの資産規模は4億ドルにまで昇っていました。1992年には、イギリス経済が低迷している一方で過大評価されているポンドに目をつけて70億ドルものポンドを売り、「ブラックマンデー」を引き起こします。2011年に投資家からの引退を発表し、以降は経済論や慈善活動に力を入れています。

 

彼の言葉、「私の実践的スキルを要約せよと求められたなら、ただ一言「サバイバル」と答えるだろう。まず生き残れ。儲けるのはそれからだ」からは、ナチスの迫害から何とか逃れた少年時代の経験に基づく人生哲学が窺えます。

メニュー

内省記事一覧