『ヒト』を最適化しよう。

フランシス・ベーコン『読書は心豊かな人を作る。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『豊か』というのは、『豊富』という意味だ。豊富に何かが揃っていて、その対極にあるのは『枯渇』だ。何もない。枯れていて、渇いてしまっている。『資金が豊富』であり、『資金が枯渇』というイメージだ。では、『読書が心豊かにする』というのは、どういうことだろうか。

 

簡単なことである。『読書』というのは、『人の意見を読む』ということである。その本は、書いた人がいるからだ。その人が書いた本を読んでいることになる。ということは、本を読めば読むほど、たくさんの人の意見や知識が、自分の頭や心の中に蓄積されていく。それはつまり、『豊富』だ、豊かになっていく。枯渇している人と比べても、その財産は潤沢である。

 

例えば私は、『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

 

が、『嫌いだった』時期があるが、それは両親に宗教を強要されたからであり、宗教というキーワード自体が、イカサマっぽく見えたからである。だが、実際に彼らの言葉と向き合うと、驚くことに、彼らの言葉は全て、傾聴に値するものばかりだった。当時の私と、今の私、その心の豊かさのレベルは、比ではない。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。』 『後始末では遅い。前始末をせよ。』 『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧