『ヒト』を最適化しよう。

フランシス・ベーコン『やっかいなのは、恐怖心そのものだけだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

フランクリン・ルーズベルト元アメリカ大統領は言う。

 

その親族であるセオドア・ルーズベルト元大統領は言う。

『大切なのは評論家ではない。実力者がどのようにつまづいたか、善行家がどこでもっとうまくやれたかを 指摘する人物はいらない。』

 

恐いのは当たり前だ。真っ暗闇のお化け屋敷でも怖いのに、そういうフィクションではなく、落とし穴があるかもしれない、崖があって落ちたら死んでしまうかもしれない、罠があってそれにハマったら二度と抜けられなくなるかもしれない、そういうノンフィクションのこの人生という暗闇を歩き、恐いのは当たり前だ。

 

だが、それはある種、

 

『スネで思い切り机の角を蹴り飛ばしたら、骨が折れて流血し、ひどい痛みが襲うことを知っているから、それをすることは怖い』

 

そう感じるあの感覚と似ている。だとしたらそれは『自己防衛本能』だ。だからそれがあるのは、決して臆病者の証ではない。命を守るために、全ての人間に植えついている本能だ。先端を触ると血が出る。高いところから飛び降りると死ぬ。猛獣に追われたら食いちぎられる。そういうことを長い間経験してきて、人間に植えついた本能なのだ。だからいちいちそれについて過剰に反応して、悲劇のヒーロー・ヒロインを気取り、

 

(私は臆病だから…)

 

悲劇

 

とかいう謎のキャラ設定をする必要はないのだ。全員にあるのだから。その本能は。そんな中、勇猛果敢に人生を突き進む者がいる。もしかしたら彼らは、『支配』したのかもしれない。本能を。人生を。そして『知った』のかもしれない。この人生がたった一度しかないということを。

 

ドイツの小説家、ジャン・パウルは言った。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』

同じ人物の名言一覧