『ヒト』を最適化しよう。

孔子『神を”尊敬”はしても、”崇拝”はするな。』(超訳)

儒教の始祖 孔子画像

内省

なるほど。私は孔子(論語)の言葉と向き合って内省をしているだけで、孔子が行う『儒教』がどういうものかなど、一度も考えたことがなかった。その他の宗教と同じく、なんらかの神がいて、それを奉り、崇拝する宗教の一つだと思っていた。

 

私は宗教があまり好きではないから、正直、孔子、釈迦キリストというこれらの面々と向き合うといっても、宗教色を外した上での対話しかしてこなかった。それはただただ、人として生きて、死ぬまでの間に、人間を極めた、ソクラテスを含めたこの『四聖』の話を真剣に聞かなければ、悔いを残す、という理由があったからだ。

 

だが、なるほど。儒教の始祖である孔子も、私と同じことを言うような人だった。

『神霊は尊崇すべきだが、深入りせずに一定の距離を保つのが知的な態度といえるだろうな。』

 

孔子は、宗教を全否定していたわけではないが、宗教の毒も心得ていたのだ。私自身、クリスチャンの両親、祖母のもと育てられたから、宗教について抱く葛藤は、痛いほどよくわかる。今、私は彼らを責めることはない。だが、当時の宗教を強要された私は、彼らの存在を憎んだ。

 

”神”とは、”偉大”だ。だが、強要するものではない。求める者にだけ、光を照らす存在こそが、”神”なのだ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

雍也第六-二十二
子曰く、民の義を努め、鬼神を敬してこれを遠ざく、知と謂うべし。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

孔子に関する他の記事

孔子(Confucius)とはどんな人物か 孔子(論語)の名言・格言一覧