Contents

夏目漱石『自分の個性が発展できるような場所に尻を落ち付けべく、自分のぴたりと合った仕事を発見するまで邁進しなければ一生の不幸であると。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『私は常からこう考えています。第一に貴方がたは自分の個性が発展できるような場所に尻を落ち付けべく、自分のぴたりと合った仕事を発見するまで邁進しなければ一生の不幸であると。』

 

一生

 

ヘミングウェイは言う。

 

デール・カーネギーは言う。

 

エマーソンは言う。

 

スティーブン・キングは言う。

 

天職。それは、天賦の才を引き出した後に見つけられる職である。天賦の才とは、もともと本人が持っている要素、才能だ。つまり、『宝の持ち腐れ』にするな、ということ。天才とはまた違う。天賦の才は、誰にでもある。それを見つけて引っ張り出す。これが出来なければ、その人の人生は、不幸だ。例えば私は、自分のやるべきことを見つけられない期間が長かった。今に至るまで、実に様々な職を転々としたものだ。

 

  • 左官屋
  • 美容師
  • 料理人
  • 皿洗い
  • 電話受付
  • 金融業
  • ADSL販売
  • リサイクル屋

 

このようにして実際にやったもの、勉強だけで終わったものなどを入れると、幅広く色々やったものである。しかし、そのどれもこれもが本当に自分がやりたいこととは違っていたことを実感していた。

 

勉強

 

『自分の個性が発展できるような場所に尻を落ち付けべく、自分のぴたりと合った仕事を発見するまで邁進しなければ一生の不幸であると。』

 

今、私の仕事は『文章を書く』ことである。これが私の個性をいかんなく発揮してくれる、最高の舞台だと気づくのにずいぶん時間がかかった。実は、今の時点では収入は雀の涙ほどしかない。だが、私はこの夏目漱石の言葉の意味がよくわかる。

 

『一生の不幸』であると。つまり、今の私は自分の天職を見つけ、しかし収入が少ない。だが、それでも決して『不幸』ではなく、むしろ『幸福』を実感している。自分の魂が心底から充実している実感を得ていて、それが本当なのだ。私はまだまだ若い。これから先、今の仕事を本当に愛し続ければ結果がついてくることも十二分にあり得る。今の私に当てはめるべきなのが、次の言葉である。

 

リチャード・バックは言った。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

アルベルト・シュヴァイツァー『未来を見る目を失い、現実に先んずる術を忘れた人間の行きつく先は自然の破壊だ。』 ロバート・ルイス・スティーヴンソン『結婚は長い対話だ。時折のいさかいがそれに色どりを添える。』 ヒュー・ウォルポール『この世は、考える者にとっては喜劇であり、感じるものにとっては悲劇である。』

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧