『夏目漱石の言葉』を自分のものにしよう!

夏目漱石とは(画像

日本作家。夏目漱石は1867年2月9日に生まれ1916年12月9日に没した日本の小説家です。また、活動は小説の創作だけに留まらず、評論家や英文学者としても功績を残しています。文学の師としては大学時代に出会った正岡子規の存在が大きいです。その頃から俳句を学び、帝国大学英文科を卒業後、中学校教師、高等学校の教授などを務めた後にイギリスへ留学しました。この頃から英文学への造詣も深めています。帰国後は東京帝国大学の講師になり、英文学を教えながら後世に残る名作の吾輩は猫である、を雑誌で発表しました。

 

吾輩は猫であるはとても幅広く評判を集めることになり、その後の坊っちゃんや倫敦塔などの作品に繋がっていきます。やがて朝日新聞社に入社し、その後も虞美人草や三四郎などを掲載します。評価されているのはその作品だけではなく、現代日本語を築き上げた人物の一人であるともされています。夏目漱石の文体は約150年を経た現在でも普通に日本語として通用する文体であることもそれを証明している要素になっています。

 

類まれな才能を持っていた反面、健康状態は終生芳しくなかったとされていて、特に若い頃から精神病を患っていたとされています。常に誰かに自分が監視されているような錯覚を覚える追跡症という精神病を患っていて、このような病気が文学の才能と関係があったのではないかという研究もされています。名言のひとつとして、「君、弱い事を言ってはいけない。僕も弱い男だが、弱いなりに死ぬまでやるのである」というものがあり、実際に死の間際まで執筆を続けていた芯の強い作家でした。

メニュー

内省記事一覧