Contents

中村真一郎『人生では無理はいつかほころびてしまうものだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

昨日ちょうど部下にこのことについて話をしたばかりだ。どういう話かというと、彼には常日頃から『表裏的』というテーマを抱えていて、つまり『表』では『やるべきことをやっている様に見せる』が、『裏』では『やりたいことをやっている』のであり、それは『背信行為』だというのが、私の指導である。

 

それで裏切られるのは私や会社だけではなく、会社を通してのお客さん、あるいは育てている親や、自分自身、そして将来の子孫の人生である。そう考えると、表裏的な人格は良しとされない。そこで、毎度の様に会うたびに、その人格矯正についての努力を検証するわけだが、いささか彼の思慮は浅く、未だにそれが『通用する』と思っている

 

表裏的

 

監視カメラや集音マイクをつけているわけではないからといって、裏と表で態度が違うことは、人として虚しい。そうまでして生きながらえる人生に、誇りを持てる人間など存在しないだろう。私は誇りを持って人生を全うしてほしいと考えていて、それは未来永劫ぶれることはないだろう。

 

それは、『四聖』に数えられる、

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

世の偉人たちと向き合って尚、『強化』されたのである。

偉人

 

そんな中、彼の表情は昨日、『不自然』だった。彼としても、もはや時間にして6年2ヵ月。これだけの時間の中で、想像を絶する人格の矯正を、時には胸倉をつかまれて投げ飛ばされ、受けて来たわけだ。言い分はあっただろう。例えば、

 

浮つかないようにしよう。浮つかないようにしよう。今日はいつもよりも社長が配慮してくれるが、これに甘んじてはならない。浮つかないようにしよう。浮つかないようにしよう。

 

こういった自分への言い聞かせが、実際に浮ついてしまっている自分の気持ちと矛盾し、『不自然な表情』となって、表面化したのだ。つまり中村真一郎曰く、『無理をしていた』のだ。そして言葉通り、それは『綻びた』。その日の最後に、結局として『浮ついた行動』を取ってしまい、失態を見せたのだ。それは、6年という時間を共にした我々の間でしかわからない、問答無用の彼が抱えている試練に対する、失態だった。

 

エコロジー思想の先駆者、ヘンリー・デイヴィッド・ソローは言う。

 

彼に足りないのは、その発想である。自分がいつまでも『被害者』だと思っている以上は、欲し、支配され、見失い、そして刹那に走り、有限の意味を理解出来ないだろう。

 

追記:この記事から4年、彼はいまだに自分の私利私欲をコントロールできていない。例えば、この3カ月で遅刻した回数は8回だ。そして中には二日連続で遅刻をしたケースもある。遅刻をしたら制裁を課されるという状況があり、10年という本来熟練した立場である中、この体たらくだ。

 

彼にとっての『無理』とは何だろうか。真っ当な人生を生きることが10年できないということは、それこそが彼にとっての『無理』に値するのだろうか。だからこそこうしてほころびが起きてしまっているのだろうか。もちろん違う。彼は等身大の自分が何者であるかを理解していないだけだ。見るべきなのは以下の黄金律である。

 

孤独

 

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

アンドリュー・カーネギー『チャンスに出会わない人間は、一人もいない。それをチャンスにできなかっただけである。』 中里至正『引っ込み思案はおくゆかしい、優柔不断は慎重で細心、傷つきやすいのは感受性豊か。』 ジョン・ラスキン『真に偉大な人の第一の試金石は謙虚さである。』

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』