『ヒト』を最適化しよう。

ドストエフスキー『神が存在しないならば私が神である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『神』という第三者的な存在がなければ、それがあったときと比べ、物事がスムーズにいかないケースが他出することになるだろう。Aでもない。Bでもない。そんな両者が対立するときはよくあることである。

 

男性

俺が正しいんだ。
いや、俺の方こそ正しいんだ。

男性

 

そんな時、『C』というどちらでもないものの存在が、両者の不和を解決させる。そういうイメージで間違いない。つまり、このドストエフスキーの言葉のように、『私こそが神(絶対主)だ』と言ってしまうことは危険である。その時点で、衝突、軋轢、確執、暴走、不和、戦争の原因となるからだ。

 

ニーチェは言った。

 

『神』は、『人間が捻出した叡智』なのか、それとも、『実際に全てを司る存在』なのか、どちらかは定かではない。しかし、わかっているのは、

 

『それ(神・真理・愛)から離れれば離れるほど、虚無に近づく』

 

ということなのである。ただし、このドストエフスキーの言葉を、『救いの神がいないというのなら、私がその救いの神となって、世を救うしかない。』と思って立ち上がった、勇者の言葉だと思ってみると、また違った印象を持つ。

 

ブッダや、

ブッダ

キリストが、

キリスト

 

目の前に広がっていた凄惨な現実を直視して、立ち上がった勇者の一人だと考えた場合、その勇気を否定することは、急にできなくなるのが、人間の心理だ。そして当然、テロリストがそれを言ったら、またガラリと印象が変わる。言っているセリフは同じでも、言う人や、その人の思想や目的によって、大きく印象が変わってしまうのである。

 

『人間が最終的に平和になる』様に働きかけるのを良しとするのか。あるいは、『森羅万象規模の目線で、人間を特別視しない』ことを良しとするのか。『ノアの箱舟』然り、どちらにせよ『神の規模』は、浅薄な人間の想像をはるかに超越する。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧