名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

チャーチル 名言/格言

チャーチル

 

サー・ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチルとは(画像

イギリス政治家。ウィンストン・チャーチルは1874年11月30日に生まれ、1965年1月24日に没したイギリスの政治家です。政治家以外の側面としては作家、そして軍人としての活動も行っていました。第一次世界大戦、そして第二次世界大戦のイギリスの舵取りを行い、アメリカ、そしてソ連と並ぶ戦勝国の一員としての地位をイギリスにもたらしています。また、アメリカ、ソ連に続いて世界三番目となるイギリスの原爆保有も推進しました。

 

軍人としてのキャリアの方が政治家としてのキャリアよりも早く、1895年にスペイン軍に従軍して実戦を経験しています。1899年には除隊し、政治家としての道を模索し始め、1900年には政界入りを果たしています。最初は保守党の議員としてキャリアをスタートさせましたが、ほどなくして自由党に移籍し、閣僚として歴任することになります。1940年には首相になり、1945年の退任まで戦火に巻き込まれるイギリスを牽引しました。

 

チャーチルが残した名言の中に、「決して屈するな。決して、決して、決して!」というものがあります。軍人として幾多の戦争を経験した人間として、戦うことに関するリアルな感覚を持っていた為政者らしい芯の強さがある言葉です。第二次世界対戦の結果としてイギリスは植民地を失うことになりましたが、戦勝国として列強国の立場を維持することができたのはチャーチルの強い意志がこもったリーダーシップがあったからといっても過言ではありません。

 

 

スポンサーリンク

 

チャーチルの言葉

 

 

『金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことはすべてを失う』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

チャーチルがイギリス史上、最も偉大な人間だということは今も尚人々の記憶と記録に残っている。『絶対に、絶対に、絶対にあきらめるな』イギリス首相として国民にそう演説したチャーチルは、不撓不屈の精神でもって、国民を鼓舞し続けたのだ。

>>続きを見る

 

『未来のことは分らない。しかし、我々には過去が希望を与えてくれるはずである。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

マルクス主義の創始者マルクスは、『歴史は繰り返す。最初は悲劇だが、二番目は茶番だ』と言っていて、これは歴史、つまり先人たちの命や、積み上げた叡智を軽んじることの愚かさを戒めている。

>>続きを見る

 

『危険が身に迫った時、逃げ出すようでは駄目だ。かえって危険が二倍になる。しかし決然として立ち向かえば、危険は半分に減る。何事に出会っても決して逃げ出すな。決して!』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

天才芸術家、岡本太郎は言った。『私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。』ここにも書いたが、例えば、剣を振り落されたとき、背中を向けてそこから逃げるのではなく、実は思い切って相手の顔に踏み込んだ方が、斬られなくて済む、ということがある。

>>続きを見る

 

『重要なポイントを突くときは、如才なくやろうとか巧妙にやろうとか思ってはいけない。ポイントを一突きせよ。』

 

カテゴリー:成功/幸福

ハリネズミの概念。このチャーチルの言葉はこの概念と根幹のテーマが一致している。才能豊かなキツネは、その才能にかまけて色々とやってみせる。しかしハリネズミは、針を出すことしか芸がない。

>>続きを見る

 

『日々正直に行動することが成功に達する最も確実な道だ。』

 

カテゴリー:成功/幸福

何しろ『成功』とは、『自分がなりたい自分に成れた』ということ。ということは、『なりたい自分ではない自分を振る舞う』こと、 つまり『自分に嘘をつくこと』、つまり『自分に正直に行動しないこと』をしている暇はない。『成功する(なりたい自分に成る)』。

>>続きを見る

 

『可能な手段だけでなく、また安易な手段や誰もが考えつく手段だけでなく、困難な手段、不可能と思われるような手段まで考えておくことだ。』

 

カテゴリー:成功/幸福

稲盛和夫は言った。『楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する。』リンカーンは言った。『不測の事態に備えよ。』

>>続きを見る

 

『何が本当に自分の利益であるか、ということを知ることは容易ではない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ヘミングウェイは言った。『運はいろんな形をして現れる。とすれば、どうしてそれがわかる?』ドストエフスキーも、『人は自分が幸福であることを知らないから不幸なのである。』

>>続きを見る

 

『決して、あきらめるな、絶対に、絶対に、絶対にだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

チャーチルがこんな言い回しをしたのには理由がある。『人間を知っている』のだ。人間とは、恒久的に未熟なのである。恒久的、つまり未来永劫として、常として、ずっとだ。その理由を知りたければ、歴史を紐解けばいい。

>>続きを見る

 

『われわれが忍耐し、我慢しさえすれば、やがてよくなることを、私はまったく疑わない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『現在のわれわれは悪い時期を通過している。事態はよくなるまでに、おそらく現在より悪くなるだろう。しかしわれわれが忍耐し、我慢しさえすれば、やがてよくなることを、私はまったく疑わない。』

>>続きを見る

 

『一度剣を抜いた以上は、息が絶えるまで、勝利を完全に手中に収めるまで剣を捨ててはならぬ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

一度決めたらテコでも動かない。そんな気概を持って目的に向かったことはあるだろうか。また、そういう人を見たことがあるだろうか。そういう人に対して、どういう印象を抱くだろうか。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP