名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ドストエフスキー『一般的に言って、苦しみと悩みは、偉大な自覚と深い心情の持ち主にとって、常に必然的なものである。』

ドストエフスキー


ロシア作家 ドストエフスキー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


以前も書いたが、

ブッダ 『仕返ししたら負けだ。負けたいならすればいい。』

 

私は偉大でこそ無いが、繊細な心、複雑な思考回路、高いプライドの三拍子が揃っていて、私にとって『葛藤』とは、パートナーの様なものである。

 

10代の頃、ある心理カウンセラーと話をする機会があって、彼女が私にこう言ったことがあった。

『そんなにいつも考えていて、疲れない?』

 

その質問は、私にとって意外だった。答えが即答として、『疲れない』と言うべき愚問だからである。思えばその時からだ。私のそれらの葛藤や考え方、思想が、他の人とは少し違うかもしれないと自覚したのは。

 

葛藤

 

これは非常に簡単な話で、複雑に考える必要は全くない。

 

無神経な人がいる。神経が研ぎ澄まされている人がいる。

 

二人が道を歩いた。無神経な人は、その道がどんな道だったか、途中にどんな花が咲いていたか、その道からどんな光景が見えたかなど、気にしていない。別にそれもそれで、個性だ。それを否定するわけではない。

 

しかし、神経が研ぎ澄まされている人は、その道の途中に大きな石があって、よく見るとその崖の上に同じような石があって、下にも同じような石があったことに気が付いた。つまり、その山道は、『落石』の可能性を秘めた山道だったことに、気づいたのである。

 

花も綺麗だった。景色も写真を撮った。帰り道の目印も見つけておいた。同じ道を歩くのでも、無神経な人とそうでない人の間には、そういう差がある。

 

花

 

無神経と言うと悪口に聞こえるかもしれないが、彼らからすると、『疲れない?』と言うのだ。しかしそんな彼らも、神経が研ぎ澄まされている人にいざという時に助けられ、自分の無知、無力を思い知ることになる。

 

彼らは『後始末』しか出来ないが、研ぎ澄ませる彼らは『前始末』が出来る。そういう意味でも、たとえ『疲れる』のだとしても、それを理由に『前始末』をしないわけにはいかないのだ。『偉大な自覚と深い心情』というのは、『=責任感』と表現することも出来るのである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

ドストエフスキー『一般的に言って、苦しみと悩みは、偉大な自覚と深い心情の持ち主にとって、常に必然的なものである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『苦しむこともまた才能の一つである。』

 

『絶望の中にも焼け付くように強烈な快感があるものだ。ことに自分の進退窮まった惨めな境遇を痛切に意識するときなどはなおさらである。』

 

『感情は絶対的である。そのうちでも嫉妬はこの世で最も絶対的な感情である。』

 

『「人類に対する愛」という言葉は、自分が心の中で作りあげた人類に対する、つまり己れに対する愛である。』

 

『あらゆる堕落の中で最も軽蔑すべきものは、他人の首にぶらさがることだ。』

 

『いちばん簡単で、いちばん明白な思想こそが、いちばん理解しがたい思想である。』

 

『もちろん金は絶対的な力である。と同時に、平等の極致でもある。金の持つ偉大な力は、まさにそこにあるのだ。金はすべての不平等を平等にする。』

 

『世の中には、恋人とか情婦としては通用するが、ほかになんの役にも立たない女がいるものだ。』

 

『人は思想をとらえようが、思想はつねに人間よりも現実的である。』

 

『人生において何よりも難しいことは、嘘をつかずに生きることだ。そして自分自身の嘘を信じないことだ。』

 

『神が存在しないならば私が神である。』

 

『神と悪魔が闘っている。そして、その戦場こそは人間の心なのだ。』

 

『私はなにか善を行おうとする希望を持ち、そこに悦びを感ずることもできる。だが同時に、悪を行いたいとも思い、そこにも悦びを覚えることができる。』

 

『金は鋳造された自由である。』

 



↑ PAGE TOP