Contents|目次

アミエル『才ある人間は才のみしか認めず、才しか許さない。すべての権威を嘲笑し、すべての迷信を面白がり、すべての掟に反抗したい気持ちを起こす。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

問題は、これが批判的な意味で言っているのか、あるいは『方向を与えられる人間は、全ての掟を疑ってかかる主体のある人間だけだ』と言っているのか、どちらの方向かということだ。『嘲笑』という言葉が出ているくらいだから、それは嘲笑っているわけで、その様はまるで、見下していて、批判している。『権威を嘲笑』というぐらいだから、やはり、そこにいるのは傲慢不遜な人間だという印象を受けるが、しかしその後に、『迷信』という言葉が出ていることによって、雲行きが変わってくる。

 

『迷信』とは、『迷う』という言葉が入っていることからもわかるように、妙であり、胡散臭く、いかがわしく、信憑性がなく、勘違いである印象を受ける。例えば、

 

あの墓場にはゴーストが出るんだよ…

 

という話は、迷信である可能性が高い。

 

 

だとしたら、それらを『面白がる』ということで、そこにあるのはいささかの『余裕』であり、確かに『上から見ている』ことには違いないが、『見下す』というよりも、まるで親が子供を見て微笑むかのような、教師が生徒に物を教える時に構える心構えのような、ああいう『やさしさ』が垣間見えることになる。

 

そして、『才しか許さない』という言葉は、言い替えると、『真理を理解している人間以外は、無知である』という風にも捉えることが出来、『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

 

彼らが説いた『罪の定義』、『利己、無知、執着、罪(的を外すという意味)』ということを考えた時、確かに彼らは『ダメな例』と『正しい例』を知っていて、前述したようなものは全てダメな例であり、罪であり、間違い、そして、愛、神、真理に沿って、知性を持つ人間の姿こそが正しい道である、ということを断固として主張したことを考えると、これが批判的な意味で言っているのかあるいは『方向を与えられる人間は、全ての掟を疑ってかかる主体のある人間だけだ』と言っているのか、どちらの方向かということかが、曖昧になる。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

アナトール・フランス『嘘を少しも含まない歴史書は、すこぶる退屈である。』 モリエール『外見の輝きに目がくらみ、なんとた易く間違った意見をつくってしまうことだろう。』 トーマス・フラー『下手な言い訳は、黙っているより悪い。』

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧