『後悔したくない方』はこちら

アウレリウス『汝、穏やかなる人生を送りたければ、仕事を減らすべし。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ソクラテスは、

 

と言い、クリントン政権下でゴア副大統領のスピーチライターを務めたダニエル・ピンクは、著書『モチベーション3.0』でこう言っている。

『仕事とは関連性のない”遊び”だけを楽しめて、人生で取り組む真剣な仕事を、”耐えがたい重荷”として耐えなければならない、と信じる理由はもはや存在しない。仕事と遊びの境界が人為的なものだと気づけば、問題の本質を掌握し、もっと生きがいのある人生の創造という難題に取り掛かれる』

 

つまり、人間は何のために生きているのかを自問するのだ。自問した結果が、『仕事をする為に生きている』ということであれば仕事を減らす必要はない。しかし、『仕事後のビール』を含めた『充実感』を味わうために生きているのであれば、何も『仕事量を増やす』必要はない。『減らす』ことでも、それを味わうことは可能である。

 

ビール

 

確かにトルストイは、

 

と言って、聖書における『伝道者の書』にある一節について、注意深く目を向けている。だが、前述したとおりだ。我々が生きているのは『仕事をする為』ではない。ダニエル・ピンクの著書にある通り、『仕事は全て人生(ライフ)の中で起きている事象』と知り、ワークライフバランスではなく、『全ての鍵はライフバランス』にあることを悟れば、安穏たる日々を送る時間を、設ける術を知るだろう。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『自分の命を最も躍動させる為には、『働く』必要がある。』 『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。』

同じ人物の名言一覧