『後悔したくない方』はこちら

ジョン・ワナメーカー『人間というものは、困難なことに遭えば遭うほど、ますます新しい力が出てくるものだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『「困難なことは頭からするな、非常に成功の邪魔になる」という人がある。しかし、決してそうではない。人間というものは、困難なことに遭えば遭うほど、ますます新しい力が出てくるものだ。』

 

これが『可愛い子には旅をさせよ』という言葉が存在する意味だ。そうした状況を自分で体験して、自分の潜在能力を引き出す。そうじゃなければその能力を主体的に使いこなすことが出来ず、だとしたらそこにいるのは単なる『甘えた馬鹿二世』である。何から何まで親や教育者がしてあげることは『教育』ではなく『育児』だ。その違いを理解出来ない親が、よくテレビやなんかでも、

 

この子はそんな子じゃありません!

 

とかなんとか言って、もう既に犯罪をしてしまったことがわかっているのに、匿って、嘘をつくというシーンがあるが、あれがその成れの果てである。『罪を犯した子供を匿う』のが教育なのではない。『罪を犯さないように育てる』のが教育なのだ。

 

『三流は金を遺し、二流は事業を遺し、一流は人を遺す。』

 

その『人』とはつまり、主体的な人間のことであり、その人物の怠惰を助長させるような、甘えた環境を整え、用意し、『楽』させているうちは、永久にその『人』は育つことは無いだろう。自分がこの世からいなくなり、彼、彼女が一人になったとしても、力強く生きていけるように、育てるのが教育であり、愛である。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

同じ人物の名言一覧

ジョン・ワナメーカーの名言・格言一覧