『後悔したくない方』はこちら

ジョン・ワナメーカー『広告費の半分が金の無駄使いに終わっている事はわかっている。わからないのはどっちの半分が無駄なのかだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

これがいつの時代に言われたのかはわからないが、今の時代では、それらの問題が解決する術は既に発明されている。広告費100万円のうち、いくらを何に使い、そこがどれだけ黒字になっているか、あるいは赤字になっているか、その費用対効果が明確にわかるようなシステムが構築されている。例えば、Googleのリスティング広告『アドワーズ』だ。この広告システムの誕生によって、『無駄打ち』のリスクが圧倒的に激減することになった。効果がある広告はボリュームを上げて黒字を出し続ければいいし、効果が見られない広告は、黒字になるまで最適化するか、あるいはやめてしまえばいいのだ。

 

しかし、そうやってデータが取れない時代は確実にあった。そういう時代であれば、ジョン・ワナメーカーの言葉が響いてくることになる。テレビや新聞、至る所に広告を出すが、そのうち、どれが効果的で、どれが費用対効果が悪いか、ということは、時間を遡るほど不明確だったということである。今でも不明確な広告媒体はあるだろうが、アドワーズの様な広告形態が登場した事実を考えても、いずれ、全ての広告の費用対効果が手に取るようにわかる時代も来るかもしれない。しかし、その為にはジョン・ワナメーカーの様に広告について真剣に考え抜いた人間の意見、智恵の結集が必要だったのだ。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧

ジョン・ワナメーカーの名言・格言一覧