『ヒト』を最適化しよう。

ショーペン・ハウエル『孤独は優れた精神の持ち主の運命である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ショーペン・ハウエルはこうも言う。

 

イプセンは言う。

 

そして、エマーソンは言う。

Pythagoras was misunderstood, and Socrates and Jesus, and Luther, and Copernicus, and Galileo, and Newton, and every pure and wise spirit that ever took flesh. To be great is to be misunderstood….

(誤解されるのはそんなに悪いことだろうか。ピタゴラスは誤解された。 ソクラテスイエスルターコペルニクスガリレオ、 そして、ニュートンも誤解された。古今のあらゆる清純で賢明な魂も誤解を受けた。 偉大であるということは誤解されるということだ。)

 

大人数の意見は=真理ではないのだ。『優れた精神の持ち主』というのはどういうことかというと、『真理から目を逸らさない人』のことである。今だったら『ノア 約束の船』を観ると良い。その主人公の『ノア』が、その運命を背負った人間の生き様を描いている。

 

ちなみに私は無宗教者であり、両親がクリスチャンだ。少年時代、クリスチャンになることを強要されていた私は、一時、宗教ごと両親を呪い殺そうとしていたことさえあった。私は両親を理解するため、自分の心にあるわだかまりを解消するため、人生に対する憤りが落ち着いてきたとき、『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

世の偉人たちと向き合った。

偉人

 

そんな私がこの映画を勧めていることに注目するべきである。『真理』というのは、ときに人間の目に残酷に映る。だが、『真理』というのは、弱者や、思想の持たないあらゆる森羅万象にとって、救いの神に映る。どういうことだろうか。人間の目に残酷に映って、それ以下の下等生物の目には『救いの神』に映ると言うのは。

 

もうわかったと思うが、そもそも、なぜ『人間が上等』で、それ以外が『下等』だと思ったのか。人間は宇宙の覇者ではない。優れた人間とは、そこから目を逸らさない人間だ。だが、往々にしてそういう人間は、多くの『人間』の理解を得られない。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。』 『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ショーペン・ハウエルの名言・格言一覧