『ヒト』を最適化しよう。

ボールドウィン『主義が重荷になって、海の底へ沈むより、日和見を決め込んで、波間に浮かんでいたほうがいい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

森鴎外がこう言っている。

 

坂本龍馬ならこうだ。

 

アインシュタインはこの一言である。

 

だとすると、ボールドウィンの言う様に、『日和見(ひよりみ。有利な方につくとう考え)』を決め込むというのは、一見すると彼らの言葉に反する。だが、前述した偉人の彼らとこの言葉が決定的に違うのは、『重荷になって海の底へ沈むよりも』という部分である。

 

生きていればまた何度でもやり直せる。退き際を見極めるのも、戦略の一つだ。いわゆる『コンコルドの誤謬』とは、莫大な資金を費やしたコンコルドを、旅客機として成立させようと画策したが、うまくいかず、だが額が額なだけに退くに退けなくなって、結局損失を出す一方になってしまったことから、『退き際の重要性』を説いた教訓である。

 

攻めればいいというわけではない。時には退くことが最善の選択肢ということがある。何もかもが一人間の思い通りに行く世界ではないということを理解することが重要だ。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』

同じ人物の名言一覧