『ヒト』を最適化しよう。

キング牧師『心のなかに夢をしまっておく場所をあけておけ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ルーチン(単調)な毎日が刻一刻と過ぎていく。自分の人生はこのまま終わっていくのだろうか。世間、社会という大きな歯車の一部となって一生を終える。自分の人生はこれでいいのだろうか。

 

歯車

 

…と、思っている人は大勢いるだろう。だが、心の中に少しでもスペースがあるならまだチャンスはある。夢をしまっておくスペースがあるなら、まだチャンスはあると言っているのだ。

 

イギリスの政治家、ボールドウィンは言う。

 

まだ、生きている。生きているならまだ、いくらでもやり直すことができる。

 

北野武は言った。

 

この言葉が、私が記事に書いたような解釈で合っているならば、この言葉はこの記事に載せるべきである。

 

また、これはこう解釈することもできる。

 

『一番やりたい仕事はまだできていない。だからこそ、俺はまだだ、俺はまだやり遂げていない、とハングリー精神を燃やし続けることができる。結果、そのエネルギーが原動力となって、今の仕事で大きな結果が出せる。

 

バーナード・ショーは、

 

と言ったが、自分の夢を達成してしまうと、人はなんだか力が抜けてしまうものである。オリンピックシンドローム(燃え尽き症候群)がそのいい例だ。全てはその大会のためだけに命を懸けてきた人生だったが、その夢をかなえた途端、人生に生きる意味を見出せなくなった。そういうことが実際にあるのだ。だとしたら、人間が一番躍動的になるのは、俺はまだだ、俺はまだやり遂げていない、とハングリー精神を燃やし続けることができる『その位置』に居座ることなのかもしれない。』

 

意味

 

もし、北野武の言葉がこう解釈するのであれば、 今回のキング牧師の言葉ともリンクすることになる。

 

『心のなかに夢をしまっておく場所をあけておけ。』

 

これを同じように解釈するのである。また、キング牧師のこの言葉が、今回解釈したような具体的なものと多少ニュアンスが異なるのであれば、見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

 

『夢をしまっておく場所をあけておけ』ということは、そこにいるのは『まだ夢をかなえていない人』ということで、選択肢を『明るい・暗い』の二択で言うのであれば、暗い人がそこにいることになる。だが、それを励ますかのように彼がこう言ったのだ。もしそうなのだとしたら、この言葉は人に生きる勇気を与える、力強い言葉となる。どういう風に解釈するにせよ、彼の言葉は人々にエネルギーを与えてくれそうだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』

同じ人物の名言一覧

キング牧師の名言・格言一覧