『ヒト』を最適化しよう。

ボールドウィン『人間、志を立てるのに遅すぎるということはない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

60歳のホームレスが、趣味で不用品の修理を始め、それをビジネスにして、年商100億円まで売り上げる会社に成長させた事実がある。それでもう十分だろう。それまでは志が、無かっただけなのだ。人には環境の差異がある。自分の『意志』から、どうしても引っかかる『意(ある考え)』が無くなって、『志』に成長・昇華するまでにかかる時間は、人それぞれだ。

 

例えば虐待されていたらどうだ。親に日常茶飯事として、虐待されている。それでふさぎ込んで、学校でも虐められて、あるいは不登校になって、社会から隔離した生活を生きる。そういう人は、まず何よりも解決しなければならない問題を抱えているのだ。

 

問題

 

勉強?スポーツ?人間関係?そんなものは優先順位として、極めて後だ。人間という生き物は実に賢い生き物だ。心の中では、実は何よりも優先しなければならない問題が何か、よく理解している。掃除が出来ない人がいるだろう。あれも往々にして、根幹にこの問題が関係している。

 

(別に掃除をしたところで、あの問題が解決するわけじゃないし。だとしたらまた自暴自棄になるし。また汚れるし。)

 

もちろん彼らは、第三者が見たらただのろくでなしにしか見えない。しかし、実際は『賢い』のだ。だがもちろん、『賢さ』にもいろいろあって、目の前で子供が轢かれそうになっていたり、虐待を受けていたり、不良にからまれていたりするのを、『見て見ぬフリをする』人もまた、『賢い』と表現できてしまうのである。

 

自分の人生へのリスクヘッジ(危機管理)をしたのだ。だから『賢い』。しかし当然、格好良くはない。格好良くない生き方をする人は、私は『賢い』とは思えない。このように、いや確かに生物学的には『賢い』のだが、人間的に見た印象が同じように『賢い』ように映るとは、限らない。

 

しかしとにかく、こう考えただけでも人間は複雑だ。その複雑な『意』が整理整頓され、いよいよ次の段階である、『この世をどう生き貫くか』という『志』を抱き始めるのには、人それぞれにかかる、時間があるのだ。

 

だから周りの人と比べて何か劣等感に陥る必要はない。問題なのは、自分の心を、どう整えるかだ。その為にまずは尽力し、優先順位の順番で、一つずつ解決していけばいい。そうすれば知らぬ間に『志』とやらに、心が辿り着いているだろう。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧