『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ガンジー『沈む夕陽の素晴らしさや月の美しさに見とれるたびに、私の魂はますます神を崇めるようになります。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ロシアを代表する文豪作家、アルツィバーシェフは言った。

 

詳しくはここに書いたが、こういう言葉がある。

 

『刑務所の鉄格子の間から、ふたりの男が外を見た。ひとりは泥を眺め、ひとりは星を眺めた。』

 

自分は友達がいなくて。かわいそう?

 

自分は苦しい生活を強いられ、惨めだ?

 

自分は整わない環境で育って、哀れだ?

 

全く、『反吐』が出る。いや、『ヘドロ』が出る。そして、そんな私にも『ヘドロ』か『星』かを見る選択肢があるのだ。気持ちは痛いほどよくわかる。むしろ、『痛い』からこそ、私は厳しい口調でそう言い捨てるのだ。かつて、私も『泥』ばかり見ていた。だが、『星』があることに、気づいたのだ。

 

また、『神を崇める』というガンジーの言葉を理解するためには、下記の記事を理解する必要がある。ちなみにこの記事は当サイトで最も難易度の高い記事であり、最も重要な記事である。

 

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』 『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

沈む夕陽の素晴らしさや月の美しさ』を見た時、人の心は『虚無』には陥らない。その反対で、心が温まる感覚を覚える。では、それは一体なぜだろうか。上記の記事と併せて考えたい。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧