『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ガンジー『明日はもう政府はないと思いなさい。そのとき、あなた自身が政府となるのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『自分の身は自分で守るしかない。政府がいかに努力したところで、あなた達を救うことはできまい。どれほどの権力があろうとも、国民の支持が得られない政府など無力だ。だから、明日はもう政府はないと思いなさい。そのとき、あなた自身が政府となるのだ。』

 

リヴァイアサンとは、旧約聖書に出て来る海の怪物だ。イギリスの哲学者、トマス・ホッブズはこの怪物を、『リヴァイアサン=本性』という図式に当てはめて本を書いた。

 

 

人間は元々、生存競争をして争いを繰り広げるのが『自然状態』だという。しかし、あまりにも禍々しい人間の本性(リヴァイアサン)その自然状態が見るのが嫌で、抗い、争うことの権利を政府に譲り渡し、その代わりに本人たちは安穏な日々を追い求めた。国益を守るためには、攻防を繰り広げなければならない。しかし自分たちはノータッチだ。気づいたら政府が当たり前のように国を運営していた世代は、そんなことをすっかり忘れてしまった人間の姿に等しい。脳科学者の茂木健一郎氏は、著書『挑戦する脳』で、この『リヴァイアサン』を引き出して解放させた人間が、大きな結果を出していることに着目している。

さて、そんなことを考えた時、ガンジーの言葉は、どう聞こえるだろうか。我々は『権限移譲』をしているわけだが、それによって『楽』をし、『主体性』を失うことが、『初期設定』の様になってしまっているのだ。リヴァイアサンを引き出して解放する、ということは、主体性を取り戻す、ということと同じ意味だ。実は我々の本来の初期設定は、『主体性』なのである。ガンジーのこの言葉は、このことについて、ハッと目を覚まさせる言葉なのだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧