『ヒト』を最適化しよう。

岡本太郎『ただ僕はありのままの自分を貫くしかないと覚悟を決めている。それは己自身をこそ最大の敵として、容赦なく闘い続けることなんだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『よく「どうしてそんなに自信があるんですか」とか、「自信に満ちていてうらやましい」と言われる。だが、僕は自信があるとは思っていない。自信なんてものは、どうでもいいじゃないか。そんなもので行動したら、ロクなことはないと思う。ただ僕はありのままの自分を貫くしかないと覚悟を決めている。それは己自身をこそ最大の敵として、容赦なく闘い続けることなんだ。』

 

『自信』と『過信』の意味の違いを考えた時、岡本太郎のような言葉は出ない。なぜなら、人は自分を信じるからこそ、ありのままの自分を貫くという行為に至るからである。『己を敵とし、克己心でもって人生を生き貫く』という姿勢も、どのみち、『自分を信じる』からこそ、それが出来るのである。

 

(私なら、打ち克てる)

 

そういう言い聞かせが無ければ、己と闘って克つことは出来ない。だから結局、岡本太郎は『自信がある』ということになる。しかし、『過信はない』ということにもなるのだ。『過信』的に言われたなら、私とてその相手に噛み付くことになる。

 

(なぜそんなに自意識過剰になれるんですか?)

 

的な要素が少しでもその発言に含まれていたなら、私も確実に相手に(無知め)と憤りを覚え、諭したくなるだろう。だがそんな風に心が捻じ曲がりそうになるときも、『己こそが最大の敵』と定めているのなら、(無知め)と思ってしまった自分こそ『無知で無力』なのだと、自分自身に憤りを覚えるだろう。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

岡本太郎の名言・格言一覧