『ヒト』を最適化しよう。

アインシュタイン『教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているものである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

私が書いた、ブッダの言葉の超訳。

ブッダ

 

ここに『育児と教育は違う』と書いた。

 

教育の神、森信三は、

 

と言ったが、それを実践できている人間は、どれだけいるだろうか。もう一度言おう。『育児』ではない。『教育を、流されても流されても、岩壁に刻み込むような真剣さで取り組む人』だ。それが一体、どれだけいるだろうかと言っているのだ。

 

『学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているもの』ということは『学校で覚えた授業の内容』、という、『頭に刻み付けた記録』ではなく、『どういう授業だったか』、『どういう時間だったか』、『誰と出会って、誰と別れて、どういう問題が起きて、どうやってそれに立ち向かったか』という、『心に刻まれた記憶』である。

 

記憶

 

刻み込むのだ。流されても、流されても、岩壁に刻み込むような真剣さで、説き続けるのだ。それが教育者だ。『教育』とは、ある人間を望ましい姿に変化させるために、身心両面にわたって、意図的、計画的に働きかけることを言う。

 

ネルソン・マンデラは言った。

 

実は『教育』とは、人間が、人間である為に必要な『カギ』だ。この名を聞けば、その意味を思い知るだろう。それが、『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリストという、

キリスト

 

『四人の教師』だ。まさかこの四人の圧倒的な影響力を、知らないわけではないだろう。確かにそれぞれは微妙に教え方が違う。だが、彼らは例えば、『人を無差別に殺そう。』という類の事を言っているだろうか。いや、言っていない。むしろその逆で、『人が生きるべき道は、こういう道だ。』ということを、人生を懸けて説いて教えたのだ。

 

彼らの教えが偽物であれば、2000年以上経った今、なぜ我々は彼らの偉大さを称えるのだろう。今も尚我々が彼らを偉大だと称え続けるのは、彼らの教えが、『廃れない』からだ。いつまで経っても廃れない。そんな記憶を植えつけるのが、教育なのだ。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧

アインシュタインの名言・格言一覧